ハンディキャップ会員

ハンディキャップ会員

さまざまな障がいを抱える方やそのご家族とともに
悩み、安心をお届けします

「生きにくさ」を抱えた障がい者の方や、そのご家族の気持ちに寄り添い、安心してより良く生きていくためのお手伝いをいたします。ときには一緒に悩みながら、ときには法律の専門性を発揮しながら、あなたの「尊厳」を見つめて大切にしていきます。

サービスメニュー

意思決定や財産管理のサポート

抱えているハンディキャップによっては、直接ご本人からのご依頼を受けることにより、意思決定支援や財産管理支援を継続的に行うことも可能となります。

後見制度ご利用の
サポート

ご本人やご家族の安心のために、後見制度や信託制度のご利用のご相談やサポートをいたします。

専門家へのご相談の
取次ぎ

OAGグループの士業専門家へのご相談のお取次ぎをいたします。

このようなお悩みを解決

お金の管理が
できない

軽度の知的障がいがあり、計画的にお金を管理して使うことができない。

障がいのある子どもの将来が心配

重度の知的障がいのある息子を、現在は自宅で面倒を見ているが、親が歳を取って息子の面倒を見られなくなったときのことが心配。

障がいのある子どもには頼れない老後が心配

障がいのある娘には、親が認知症になったり死亡したりしたときに、娘としての役割を期待することができない。

CASE STUDYケーススタディ

CASE.1 軽度のハンディキャップには直接のサポート
身の回りのことや日常生活についてはおおよそ自力でこなすことができるものの、大きな財産の管理を含め、重要な意思決定に難しさがある方には、直接支援できる仕組みを提供します。
CASE.2 8050問題への取り組み
80代の親が50代の子どもの生活を支えているという「8050問題」の状況は、遠くない将来「9060問題」となり、親世代が認知症や死亡という事態に直面することになります。親世代の気持ち、子ども世代の状況に寄り添いながら、OAGグループとしてお手伝いできることを見つけていきます。
CASE.3 親にも子どもにも兄弟にも安心を
いろいろな選択肢をご提案することにより、親世代にも、障がいを抱える子どもにも、そして障がいを抱える方と同世代の兄弟姉妹にも、少しでも安心を感じていただけることを目指します。

SERVICE POINTハンディキャップ会員の
サービスの強み

  • 経験の豊富さ
  • 臨機応変な対応力
  • 法律的専門性の高さ
  • 気持ちに寄り添う共感力

CONTACTお問い合わせ

家族がいる人もいない人も。生と死に向き合って、より良く生きようとするあなたの「尊厳」を、全力でお守りします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら