生涯独身、パートナーに先立たれた等で「おひとりさま」となった高齢者は多いです。また、パートナーや兄弟、子どもはいるけれど、様々な理由から老後、頼りたくないというパターンもあります。現代の高齢化社会を生きる高齢者たちにとって、自分のエンディング期について考える“終活”は、もはや必須のこととなっています。

 

続きの記事はこちらより